池田流ブイヤベース|レシピ動画|カルネッキオ通販      

イタリアの鍋料理はコレ

材料紹介(1人前)

【モンテベッロ プッタネスカソース 1本】
【小さいサイズのタイ 2尾】
【蛤 3つ】
【アサリ 1パック】
【ムール貝 4つ】
【加熱用の牡蠣 お好み】
【赤エビ 5尾】
【玉ねぎ 1/2】
【人参 1/2】
【ニンニク 2片】
【セロリ 1本】
【プチトマト 5~6個】
【菜の花 1パック】
【白菜 大きめの葉を3枚】
【塩 適量】
【ローリエ 適量】
【タイム 適量】
【ブラックペッパー 適量】
【白ワイン 適量】
【バター 適量】
※魚介類は切り身や冷凍のものなどご用意できるものでOK。ムール貝やハーブのタイムは好みが分かれますので無しでも大丈夫です。
※蓋つきの鍋で作るのがオススメです。

 

調理手順はコチラ

①ベースのスープを作るための野菜の下準備をします。本場のブイヤベースは魚のアラと一緒に煮込んでこして作るのですが、今回は野菜も食べるブイヤベースを作るため、食べやすい大きさに切っていきます。

②人参、玉ねぎ、セロリはそれぞれ5mm角サイズにします。セロリの葉の部分も使うので残しておいてください。菜の花は外側の葉を取り、根元の黒ずんだ部分をカットします。プチトマトはヘタを取って1/2に、にんにくは粗みじんにします。白菜は火の入りが均一になるように硬い芯の部分は斜めにそぎ切りにします。

③魚介類の下準備をします。ムール貝についている藻のような(ヒモみたいなやつ)を引っ張って取りきれいにします。エビはひげと角を取ります。タイは3枚におろし柵に取り、皮目に切れ目を入れます(詳しくは動画にて)。

④鍋にオリーブオイルとニンニクを入れ中火にかけます。ニンニクの香りが立ってきたらカットした野菜を入れ炒めます。塩を振りかけある程度炒めたら蓋をして弱火にかけます。

⑤じっくり炒めた鍋に野菜を避けてエビを加えます。殻をしっかりと炒める感じでオイルにエビの香りを移していきます。その後エビを取り出します。

⑥野菜がつかる程度の白ワインを入れ強火にかけアルコールを飛ばします。

⑦トマトソースを入れ、ソースと同量の水を加えたら中火にかけ香味野菜(セロリの葉の部分)とハーブを入れ10分程煮込みます。出てきたアクは取り除きます。

⑧香味野菜を取り出し貝類・トマトを入れ、中火でさらに煮込みます。貝が開いたらアサリ以外の貝を取り出します。再度アクはしっかりと取り除きます。

⑨白菜・菜の花を加え火が通ってきたら仕上げに入ります。

⑩タイ、牡蠣にエビを加え火にかけます。

⑪塩こしょうで味をととのえ、バターを加え貝を戻したらひと煮立ちさせます。 ⑫皿に盛って完成、または鍋のままお召し上がり下さい。

 

動画内で紹介した商品の購入が出来ます